結核の感染経路は何?|結核の初期症状を完全に大検討!

結核は日常生活で、よく聞いた病気の一種です。結核は結核菌というものが人の体に感染して発作する病気です。結核菌は、顕微鏡で見ると、細長い棒状(長さ1‐4μ、幅0.3ー0.6μ)をした菌です。結核菌の特徴は、紫外線には弱く、酸やアルカリに対して強いことです。結核菌は、英語でMycobacterium tuberculosis、ドイツ語ではTuberkuloseといい、結核菌のことを略してテーベーと呼ぶ場合があります。

ほかに、最近の傾向として、結核菌の染色体遺伝子のいきなり変異を通じて、薬の効果がない結核菌「多剤耐性菌、及び超多剤耐性菌」が問題になっています。多剤耐性菌による結核を発症した人は、治療薬の選択肢が限られるため、一般的な結核の治癒率が80%なのに対し、50%にまで下がります。超多剤耐性菌になると治癒率は30%なので、死に至るケースもあります。

結核の潜伏期間
結核の潜伏期間はいろいろがあります。短いのは結核菌が体に入り、症状が現れるまでに半年ぐらいの潜伏期間を持っています。感染から症状が現れるまでの期間があくのは、結核菌の増殖するスピードが、他の菌に比較すると、遅いからです。これまでの調査では、結核を発病した人の半分は、半年から1年の間に発症しています。そして2年以内に80%の人が発症します。しかし5人に1人は感染から2年以上経って発病していることになります。

結核の感染経路
結核菌はたまには感染すると、全身のどのところでも拡張し、病巣を製造します。たとえば、脳の髄膜で定着すれば、結核性髄膜炎を起こし、腎臓に病巣ができれば腎結核になります。また、骨や関節にすみつくと脊椎カリエスや骨・関節結核などを起こします。全身に粟粒のような小さな病巣が無数にできる粟粒結核もあります。 このように結核菌の攻撃対象の幅は実に広範囲に渡っています。しかしながら結核のうちでもっとも多いのは肺を病巣とする肺結核で、全体の8割を占めます。ではなぜ、肺結核がもっとも多いのでしょうか。その理由は肺の中が結核菌の増殖にもっとも相応しいからです。 空気で感染される確率は高いです。

肺結核の初期症状
肺結核が発作する時の初期症状は風邪に相似します。肺炎やインフルエンザなど、他の呼吸器官の病気と相違して、初期症状が軽いので、なかなか自分では注意しないのが特徴です。風邪かな?と思われる症状が2週間以上続く場合は、肺結核の疑いがあります。
•咳が長く続く
•痰がでる
•微熱が続く
•体がだるい
そのまま放置しておくと、病状が進行して、血痰がでたり、喀血して呼吸困難に陥る場合もあります。肺結核はゆっくり進行するため、深刻な症状が出て診察を受けた時には、すでに重症化していることが多いのです。早期発見・早期治療が重要ですので、早めに医師の診断を受けましょう。

知名度の高い薬

ラブグラ

シアリス

レビトラ

バルシビル

勃起不全

媚薬